スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大正10年 夏②

 永井は去り際、思い出したように黒く大きな革鞄を探り、飾り紐をあしらった包みを置いていった。粉の焼けた甘い香りがした。大方行きつけのレストランで包ませた上等な菓子だろう。本来なら客人に茶でも振る舞うべきだったが、あいにく守也はそういった瑣事が苦手だったし、そもそも彼の部屋には寝台と机の他は、小さな箪笥と本棚、少々の工具しか置かれていない。
 人の生活というものが感じられない部屋だった。ドクターの言葉を借りれば修道士達の住居のようでもあった。守也はその西洋造の殺風景な住まいを気に入っていた。ここでは食事は取らない。煙草も吸わない。褐色に沈んだ部屋には、今は陽光で輝く微かな塵が見えるのみだ。この空間で活字を追っていれば、窓から絶えず紛れ込む臭気も、階下から毎夜のように響く喧騒も気にならない。
 読みかけの新聞に目を走らせ、菓子とともに手渡された資料を流し読むうちに、まちを焼く日差しは少しだけ穏やかになったようだ。組み置きの水で絞った手ぬぐいで顔を拭き、特注の色付き眼鏡を身に付ける。身支度に風呂敷で包んだ菓子折りを加え、自室の扉を閉める。付替えたばかりの自作の鍵は油でよくすべり、カチャリと小気味良い音をたててその用を成した。
 一階の食堂を覘くと、煙草と酒の匂いが残っている。カウベルの付いたドアは開け放たれているにも関わらず、すべての窓が締め切られている。厨房にも人の気配はない。家主とその仲間の男達は昨夜も遅くまで札遊びに興じていたはずだ。擦り切れて既に色あせた数枚の札と空の酒瓶が床に転がったままだ。さっきの二人には見られてしまっただろうなと苦笑しながら、テーブルに置かれたマッチ箱をとって軽く振ってみた。シャカシャカとわずかに残るのを確認する。そのままマッチを拝借すると、縦襟シャツの胸ポケットに放り込んだ。
 戸口の先の石段を下り、舗装されていない道に足を付ける。地面に蓄えられた毒気が太陽熱で膝上まで漂い出ている様子を想像する。色眼鏡を通して見た守也の世界は、いつもどおりの灰色だった。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ようやくですな。
あまりじらさないで下さいよ。

No title

ほっといてくださいよ。

No title

ほっとけないよ。

No title

豚野郎へ

 ほっといてくれとは何事だ。せっかくコメントしてくださったmican氏に失礼だ。

No title

勘弁して下さい
プロフィール

kato

Author:kato

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。